〒603-8179 京都府京都市北区紫竹上梅ノ木町60番3 TEL 075-493-2200 診療時間…〈午前〉9:00~12:00 〈午後〉17:00~19:30 休診日…木曜午後・土曜午後・日曜祝日

京都市北区の 内科・循環器内科・糖尿病内科・呼吸器内科 医療法人にしい内科医院

糖尿病内科

インフルエンザ予防接種 予診票

問診票

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  糖尿病内科

糖尿病とは

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンが不足したり、その働きが悪くなることで、血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込まれず、血液の中にブドウ糖が溜まり濃度が高くなった状態が続く病気です。
糖尿病は発症時にはほとんど自覚症状はありません。そのままにしておくと全身の臓器に悪い影響が及ぼし、合併症を引き起こします。

次のような症状のある方はご来院をおすすめします

  • 喉が異常にかわく
  • 多尿、頻尿
  • 体がだるく、疲れやすい
  • 食欲があるのに痩せていく
  • 傷が治りにくい
  • 手足がしびれる
  • 足がむくむ
  • 健康診断で血糖値が高いと指摘された など

糖尿病の三大合併症

糖尿病の三大合併症には、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」があります。
これらは初期の自覚症状がほとんどなく、症状が現れた時にはかなり病状が進行した状態となりますので、注意が必要です。

糖尿病神経障害

目には、目から入った光を映像にして脳と結ぶ網膜という組織があり、網膜には多くの毛細血管があります。糖尿病がある人は眼底の血管が損傷を受け、血流が悪くなり、栄養と酸素が十分に供給されないため、視力が低下します。時には失明に至るケースもあります。中途失明の原因の第1位は、糖尿病によるものです。

糖尿病性神経障害

高血糖の状態が続くと、神経細胞内の糖が増加して組織の働きが悪くなり、神経障害が起こります。その症状はさまざまで、手足の痺れや怪我や火傷の痛みに気づかないなど感覚が鈍ってきます。そのほか胃腸の不調や顔面神経麻痺、立ちくらみ、発汗異常、ED(勃起不全)などが出る方もいます。

糖尿病性腎症

腎臓は血液によって運ばれてきた余分な水分・老廃物をろ過して、尿として排泄する機能があります。糖尿病により高血糖の状態が続くと、ろ過機能が低下し、だんだんと尿がつくれなくなってきます。悪化すると人工透析が必要となります。糖尿病が原因の人工透析患者は、約6万7000人いると言われており、新たに透析を開始する人は年々増え続けています。

糖尿病の治療法

糖尿病はその人の病状やライフスタイルに合わせて、食事療法、運動療法、薬物療法を行っていきます。
初期の段階であれば、食事療法と運動療法がメインとなります。食事療法では、適正な時間に、適正な摂取量・摂取カロリー、バランスのとれた食事などの指導を行います。運動療法では、減量や心肺機能の改善のほかに、血糖値を低下やインスリン抵抗性の改善のも効果があります。
糖尿病が進行すると薬物療法が必要となります。薬物療法には血糖値をコントロールするための血糖降下薬とインスリン注射があります。

PageTop