〒603-8179 京都府京都市北区紫竹上梅ノ木町60番3 TEL 075-493-2200 診療時間…〈午前〉9:00~12:00 〈午後〉17:00~19:30 休診日…木曜午後・土曜午後・日曜祝日

京都市北区の 内科・循環器内科・糖尿病内科・呼吸器内科 医療法人にしい内科医院

呼吸器内科

インフルエンザ予防接種 予診票

問診票

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  呼吸器内科

呼吸器内科とは

呼吸器内科とは、肺や気管支などの呼吸に関する病気の診断と治療を行います。
咳がなかなか止まらない、「ゼーゼー」という呼吸をする、少し動いただけですぐに息があがる、胸のあたりが痛むなどの症状がある方は、気管支や肺などになんらかの異常がある可能性があります。「単なる風邪だと思っていたら、実は喘息だった」という場合もありますので、咳が長引くときは早めに受診しましょう。

次のような症状のある方はご来院をおすすめします

  • 咳が止まらない 長引く
  • 痰がからむ
  • 痰に血が混じる
  • 動くと息切れする・息苦しい
  • ぜーぜー、ヒューヒューなどの呼吸音がする
  • 胸が痛い
  • 呼吸がしづらい
  • 咳で目覚める

呼吸器内科の代表的な疾患

肺炎

肺炎とは、細菌やウイルスなどが肺に入り感染することにより、炎症が起きる病気のことをまとめて肺炎といいます。
咳や痰(たん)が出たり、呼吸時に「ゼーゼー」とした音がしたりします。また、頭痛や発熱、鼻水、関節痛、だるさなどの風邪と同じような症状があらわれます。重症になると脱水症や呼吸困難をきたすこともあります。
特に、高齢者などは肺炎にかかりやすいため、予防や早めの治療が重要です。

気管支喘息

気管支喘息は、アレルギーやストレスによる気管支の炎症が起こり、気管支の粘膜が腫れ空気の通り道が狭くなるため、空気が通りにくくなり呼吸が苦しくなります。
「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という喘鳴を感じる場合と咳が止まらなくて受診される方も多いです。アレルギー反応を抑える吸入ステロイド薬を中心にした治療が行われています。
喘息は一度発症すると再発しやすい病気ですので、継続的な治療が大切です。

COPD

COPDとはChronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の頭文字をとった略称です。タバコの煙などの有害物質を長い年月にわたって吸い込むことにより、空気の通り道である気道が狭くなったり、肺の中で酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞という組織が壊れたりする疾患です。慢性的な咳や痰、体を動かした時に呼吸困難が生じます。
最大の原因は喫煙であり、COPDと診断された9割以上が喫煙者(あるいは過去に喫煙していた方)や受動喫煙で引き起こされると言われています。COPDは早期発見・治療・禁煙が重要です。

PageTop